電話での問い合わせ
ネット予約

わかっているけどやめられない行動について

      2016/12/31

K’sセラピールームの片山です。

わかっているけどやめられない行動とは何でしょうか。

女性だと、「ダイエットしたいんだけど、ついつい甘いものをたべてしまうんだよね」とか。
男性だと、「タバコが値上がりしたし、やめたいんだけどやめられないんだよね」とか。
誰だって、わかっているけどやめられない行動は、多かれ少なかれ、あるとは思うんです。

今回はわかっているけどやめられない行動のメカニズムについてお伝えできればと考えています。
わかっていてもやめられない。その精神の二重構造のようなものはどうしてできるのか。
僕は依存症の専門病棟で長く働いていたので、覚せい剤やアルコールの方が「私の中に神と悪魔がいて戦っている」「私の中にもう1人別の人格がいる」そんなニュアンスのことをよく耳にしていました。
また、アルコールが体から抜けるときに、アルコール離脱せん妄という意識障害がおきることがあります。
保護室という隔離が可能な部屋で、ここがどこかもわからない状態で「コラッ酒もってこい!」とドアを蹴る。
自分の意識がなくても、アルコールに対する渇望、欲求はあるんだと思ったものです。
また、アルコール依存症の人が外出をしたとき、電車で家に帰り、地元の駅を降りた瞬間「景色が変わって見えた」と言い、そのままスリップ(再飲酒)をしてしまう。
また、ちょっとしたことで怒りがこみ上げて、それがスリップにつながるという人がいて、歩いていて、赤信号に引っかかった、それに怒りを感じてスリップしてしまった。
もう、この人たちは、普通に生活することもままならないなと思ったものです。どうして、人間は、こんな不可思議な状態にまでなってしまうのか?

答えを初めに言います。
それは、条件反射です。

条件反射と言えば、パブロフという人物が浮かぶと思います。
「パブロフの犬」という言葉で有名だと思いますが、そもそもパブロフの犬とは何か、
パブロフが主に犬の実験で明らかにしたことはなんなのでしょうか。

謎が謎を呼んで、つづく。

 

ブログランキングに参加してます。
良かったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【メニュー】

*初回カウンセリング:5000円(所要時間90〜120分)

*通常カウンセリング:7000円(所要時間90〜120分)

*治療1回:10000円(所要時間90〜120分)

クービック予約システムから予約する

〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101

Email:info@ks-therapyroom.com

電話 070-2353-8093

 

精神科卒業セミナー専用ホームページ

【心理カウンセリング相談.COM】

 - その他 , , ,

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com
完全予約制
店舗外観