電話での問い合わせ
ネット予約

カウンセリング
K’sセラピールーム代表 片山太郎は元々、依存症の専門家です。アルコール依存症や薬物依存症の方々とかかわっていくことの難しさは想像に難くないのではないかと思います。教科書的には依存症の関わりは究極のかかわりであるとも言われます。
また、依存症は物質や行動にとらわれてしまう病気であるため、治療につなげること自体が非常に難しい病気です。これら病気の方を治療につなげるテクニックを動機付けと言います。テクニックにはMI(動機づけ面接法)やCRAFT(コミュニティ強化と家族トレーニング)といったものがあります。現在、これらのスキルは依存症のみならず、様々な分野の指導やかかわりの場面で広く使われるようになってきています。 K’sセラピールームの代表片山太郎はCRAFTの創始者であるロバート・メイヤーズ氏から直接指導頂き、その技術を修得しています。
CRAFTは支援者(特に家族)のかかわりを変える訓練をしていくというものです。CRAFTを支援者が受ければ、治療に拒否的であった本人が約70%つながるという、根拠のあるテクニックです。K’sセラピールームは支援者(家族)が変われば、本人も変わると考えています。
K’sセラピールームは、これら、かかわりの考えや、技術は応用が可能であり、あらゆる人間関係に使える究極のコミュニケーションスキルであると考えています。K’sセラピールームの相談とは、そういったかかわりの知識や技術を伝えることも含まれています。

本人の相談

この程度の、軽い生きづらさや、癖も、治療対象になるのだろうか?とお考えの方、そこに、治したいという思いや、苦しみがあるのなら、治療対象になるかもしれません。
ひょっとして私も病気かも?とお思いの方、心療内科、精神科に行く前に、民間の治療院であるK’sセラピールームに来てみてはいかがですか。
心療内科、精神科に何年通ってもよくならない、方々のカウンセリング、スピリチュアル治療、自己啓発セミナーに行ってもよくならない、あきらめる前に一度K’sセラピールームへ来てみてはいかがですか。
まずは、相談だけでも良いので気軽にいらして下さい。

家族相談(支援者)

今まで、家族は心配の思い、愛情から、一生懸命かかわってきたのではないでしょうか。しかし、それで、本人は変わりましたか。ひょっとして、今までの家族のかかわりは、小言、懇願、脅し、大声、説教…ではありませんでしたか。いつからか変わらない本人に対して、悲しみ、疲弊し、怒りの感情さえ感じていませんでしたか。支えあうべき家族が憎しみあう、これ以上の不幸はありません。そして、家族の心配の思い、愛情、やってきたことは本人にあまり伝わっていないのが現状なのではないでしょうか。
K’sセラピールームは家族のかかわりが変われば、本人も変わることを信じています。まず、変わるべきなのは、家族自身なのかもしれません。
そして、本人の病気に巻き込まれる形で、家族も苦しんできているはずです。家族自身が病気になることも珍しくありません。
まずは、相談だけでも良いので気軽にいらして下さい。

企業の相談

平成27年12月より、50人以上が所属する企業に対し、労働者の職場環境の改善につなげる目的でストレスチェック制度が義務化されました。しかし、メンタルに問題を抱えた職員に対し、企業として、どのようにかかわったらよいかわからないのではないでしょうか。また、産業医や保健師がいても、メンタルヘルスのプロではないので「ストレスを抱えないようにして下さい」「お酒は控えてください」などと表面的なことしか指導されていないのではないでしょうか。
また、いつ治るかわからない職員を企業が抱えてしまうと、その損失は計り知れません。中小企業では人材の確保も難しい時代となってきています。なんとか早急に良くなってもらうことは、企業、社員、双方にとって喜ばしいことではないかと思います。
その他にも、ラインケアの指導、より良い職場環境について、個人でできるメンタルトレーニングなど、各種セミナー、講演もおこなっております。まずは、相談だけでも良いので気軽にいらして下さい。

電話での問い合わせ
ネット予約
ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com
完全予約制
店舗外観