電話での問い合わせ
ネット予約

僕は岡山の依存症・嗜癖問題の専門家です。

      2016/12/31

K’sセラピールーム、片山太郎です。

岡山で民間のメンタルヘルスの治療院をしています。

 

僕は、もともと岡山県精神科医療センターという病院の依存性病棟で、約10年ぐらい働いてきた依存症の専門家です

 

一番ベタな依存症と言えば、アルコール依存症ですが、覚せい剤依存性を始め、様々な薬物依存症から、ギャンブル依存症など、たくさん見てきました。

 

それだけでなく、それ以外の癖を嗜癖(アディクション)と言いますが、そういった嗜癖の問題を抱えた人たちとも多くかかわってきました。

 

嗜癖もさまざまで、摂食障害、リストカット、露出癖、窃盗癖などなど。

 

これらが、複合的に混在している人を、クロスアディクションとか言ったりしますね。

 

とにかく、依存する人はなんでも依存するんです。あらゆる物、行動、そして人にです。

 

依存でも、嗜癖でもどちらでもいいのですが、それは、頼るという心象でしょう。そんな表現では生ぬるいですが(汗)。

これがなくては生きてはいけない、そんなレベルのものです。

 

なぜ依存する人は、依存するのでしょうか?なぜ、依存しない人と、そうでない人がいるのでしょうか?

その違いは、何なんでしょうか?

 

そこにあるのは、生きづらさです。生きづらいから、それに頼るのです。過剰に(汗)。

酒に、パチンコに、恋人などに頼るようになるのです。

 

また、それらがあったから、生きていけたのです。

 

それらがなかったら、とっくの昔に、他の精神病になっていたか、大げさでもなんでもなく死んでいたかもしれません(汗)。そのぐらい、その人にとったら必要だったのです。

 

依存とはそういうものです。ですから、依存そのものが決して悪いわけではありません。

 

依存は苦しみの対処方法にすぎないからです。

 

ずっと依存症の治療をしてきて、今、思うことは、依存症は、依存を治しただけでは、治らないということです。

 

依存の欲求や衝動を治療によって低下、消去したとしても。依存がスライドしたり、他の精神病になったりしては意味はないと僕は思っています。

 

実際に、僕が、まだ未熟だった時には、依存自体は治しても、結局、生きづらさが治ってないわけですから、「欲求はないんだけど」と言いながら、また、お酒を飲むようになったり、薬をヤルようになったり。「これが、依存症なのか」と思ったものです。

 

依存症や嗜癖問題、さらには、その他のメンタルヘルスの病気を治してきて思うのは、やはり、依存症を治すのが一番難しいと感じています。

それは、依存症は生きづらさと、依存行動、二重苦の病気だからです。

 

あっ、病院でとか、治療とか言っていますが、僕は医者じゃないですよ。元々は看護師です(汗)。

 

でも、病院では実際に治療を、ずっとしてきました。医者の指示で、ですけどね。

 

臨床経験のみは、そこら辺の凡百の精神科医よりはよっぽどあると自負しています。今だに「依存症は甘えているだけだ」とかいうアホみたいな精神科医もいるのですからね(汗)。それを本気で言ってるのなら、その主張をWHO(世界保健機構)に言ってみろよと思いますけどね。そんな、根性はないでしょう。

 

これを読んでいる人は、ずっと、依存症・嗜癖問題で苦しんできた人だと思います。

「本当に治るの?」と思っているのではないですか。

 

僕が、ずっとやってきた治療の名前は、条件反射制御法(CRCT)と言います。

 

「岡山県精神科医療センターに通っているけど、そんな治療聞いたことないぞ!」という人もいるかと思います。たぶん、今は岡山県精神科医療センターでも、ほぼ条件反射制御法をやっていないと思います。ずっと僕が一人で、やっていたので(汗)。

 

退職する時に、条件反射制御法の利権はゴッソリと持ってきてやりましたからね。へへへっ(悪)。

冗談です(汗)。

 

誰がやったっていいんですよ。理屈さえ分かれば、誰でもできるんじゃないかと思います。本だって今のところ、3冊出ていますからね。

 

自己治療することさえ可能です。僕だって、タバコを20年吸ってきたのを、条件反射制御法で自己治療しました。さらに、トラウマも自己治療で治しました

 

興味があるようでしたら、本を読んでみてください。それか、僕のところに来て下さい(笑)。

 

現在、条件反射制御法をやっている精神病院は何個かあると思いますが。そのどれもが、精神科の閉鎖病棟の中でだと思うので、非常にハードルが高いです(汗)。

 

民間でやっているところは、おそらく僕のK’sセラピールームだけだと思います。

 

条件反射制御法を使えば、依存症も嗜癖問題も全て治ります。

 

ただし、条件付きです。

依存症というのは二重苦の病気で、もっとも難しいと言いました。現在、僕の治療は1ヶ月に1回、5回でだいたい治します。という感じでやっていますが、やはり重度の依存症は、それでは難しいところはあります。

 

将来的には入所施設なども作っていって、そういう人達の受け皿になりたいという思いはありますが。今は、資金もなく(汗)。

 

現状では、ひょっとしたら、他の入所施設や、精神科病院と連携しながらやっていかなくてはならないかもしれません。

 

まあ、依存症はメンタルヘルスの裾野の中では、ニッチもニッチですから。僕のところには、まず、来やしません(汗)。

 

今は、精神科の医師の紹介でとか、弁護士の紹介でとか、細々とやっています

 

でも、将来的には、依存症の世界に帰りたいという思いはあります。なにせ一番難しいですからね(ニヤリ)。

 

今に見てろ、です。

※画像は平井愼二 先生ですpast_sg001_120728_001

ブログランキングに参加してます。
良かったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【メニュー】

*初回カウンセリング:5000円(所要時間90~120分)

*通常カウンセリング:7000円(所要時間90~120分)

*治療1回:10000円(所要時間90~120分)

クービック予約システムから予約する

〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101

Email:info@ks-therapyroom.com

電話 070-2353-8093

精神科卒業セミナー専用ホームページ

【心理カウンセリング相談.COM】

 - K'sセラピールーム, アルコール依存症, 依存症, 嗜癖行動, 治療について, 理論, 禁煙 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com
完全予約制
店舗外観