電話での問い合わせ
ネット予約

共依存は傷つけ合ながら離れられない関係です。でも、なぜ離れられないのだろうか?

      2018/01/03

こんにちは。

K’sセラピールーム片山です。

K’sセラピールームは岡山の民間のメンタルヘルス治療院です。

 

最近は、ずっと家族、夫婦、親子などの人間関係について、関係性の依存=共依存というものがあるんだよってことを投稿していますが。

みなさんは、どうですか?

まあ、みんな、多かれ少なかれ、そういった傾向はあると思うので(汗)。僕がそんなのやめたほうがいいよ~って書いて、そうした方がいいな~と思ったらやってみた方が、円滑な人間関係を築いていくには良いかなと思うので、参考にしてみていただけたらと思います。

そして、なかなか、変わるのが難しい人は、来ていただければなと思います(汗)。

 

さて、前回、寂しい人は寂しさを埋める為に人に依存するということを書いたと思います。

寂しいと、人を上手く愛せないんだよということも書きましたね。

そして、運命的にも、寂しいもの同士が出会った時に共依存関係になるんだよという話でしたね。

今、カップルで、夫婦でいがみ合っている人。でもね、あなた自身がその人を選んだという事を忘れないでくださいね(強制的な結婚を除いてね)。

 

まとめると、寂しい人は上手く人を愛せないから、最後は、いがみ合うようになる場合が多いですが。憎み、恨みながら別れることができないという、共依存関係になるわけです。これも、寂しさゆえと言えます。

不思議ですね。憎しみがあるぐらいなら別れた方がいいんですけどね。別れられないんですよね

 

え?「夫婦ってそういうものだ!」「家族ってそういうもんだ!」ですって?

「耐えることが夫婦で、家族で、親子だ!」ですって?

うんうん。そうですね。僕も、昔、患者さんにそんなことを言われて怒られて来たものです。「お前は、結婚してないから、家族を知らないんだ!!」ってね。

ウチのお父さんは、お酒を飲んで、お母さんを殴るもんだから。ウチのお母さんも、子供の頃から、よく僕に、

「お父さんと別れようと思うんじゃけど、ついてきて来てくれるか?」

と聞かされたものです。・・・でも、別れなかった。

何があっても別れない。夫婦の愛、絆っていうのは素晴らしいですね!

 

・・って、そんなこと僕が思うわけないじゃないですか・・(汗)。

ずっと、とっとと別れろと思ってきましたよ。別れる、別れるって嘘ばっかりじゃねえか!って憎んできましたよ。

僕は、子供の立場ですが、そう思ってきました。あくまでも、僕はね(笑)。

 

僕は、共依存関係の行き着く先は、殺し合いだと思っています。

これは、大げさでもなんでもなくてね。みなさん、ニュースや新聞で、よく目にすると思います夫婦で殺し合い、親子で殺し合いです。

そこまでいかなくても、夫婦で、親子で、DV(ドメスティックバイオレンス)、モラハラ(モラルハラスメント)といった暴力行為にいたっている関係なんて、腐るほどあるのではないですか?

「相手を殺す(殺される)ぐらいなら、縁を切ったらいいのに」って普通はみんな思うのですがね。それさえ、できなくなってしまうんですね。

人間関係の依存、共依存。家族、親子、夫婦関係って怖いんですよ・・。

 

でも、覚えておいて欲しいのは、共依存というものは良かったことが忘れられないからなるのです良かったことが忘れられないから執着するのです。だからこそ、これを依存と呼ぶのです。

DVされて何が良かったこと!?などと思うかもしれませんが。そこには、絶対に良かったことがあるのです

それこそ、彼(彼女)に命を救われたぐらいの思いがそこにあるのです

彼(彼女)によって永遠の孤独が埋まった。救われたというような思いです。

それこそが、別れたくても別れられないという、依存、執着を呼ぶのです。

 

また、そこまでの思いはなくても。人を支配するというのは、もの凄く気持ちがいいのです

かつて僕は、師匠である精神科医に、こんなことを聞きました

「アルコール依存症の人は、アルコールに対する欲求が肥大化して、アルコール依存症になる。では、共依存家族は、どんな欲求があって共依存家族になるのか?」とたずねました。

師匠は「それは、支配欲である」と応えてくれました。

共依存関係も、分かりやすく主従の関係となってしまっている人たちも多くいます。

「支配欲」そう考えると、この歪んだ関係も少しは理解ができるのかもしれません

寂しさと、支配欲が合わさったものが共依存なのかもしれませんね。

 

まとめると、共依存関係になるのは、良かった思い出(支配欲も良かったこと)が忘れられないからです。

だから傷つけ合いながら、離れられないという依存関係になるのです。

そのことを理解せず、共依存関係を回復に導くことはできないのです。

 

そして、僕が、家族というものを良くないもののように書いているように見えるかもしれませんが、あくまでも共依存関係とか共依存家族がよくないということですから勘違いしないようにしましょうね

家族でも、夫でも、妻でも、本来、愛し、支え合う関係であるはずの人たちが、傷つけ合うというのが良くないのです。

 

僕は壊れた家族の中で育ってきました。

だからこそ、その僕の願いは、家族の再生であるということは知っておいて下さい。

yjimagePG0JKLEZ

ブログランキングに参加してます。
良かったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

【メニュー】

*初回カウンセリング:7000円(所要時間120分)

*通常カウンセリング:8000円(所要時間120分)

*治療1回:11000円(所要時間120分)

 

*次回治療までのフォロー:1000円(ラインなどでのフォロー 1日1回まで)

クービック予約システムから予約する

〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101

Email:info@ks-therapyroom.com

電話 070-2353-8093

精神科卒業セミナー専用ホームページ

【心理カウンセリング相談.COM】

 - K'sセラピールーム, うつ病, ストレス, トラウマ, 依存症, 嗜癖行動, 子育て, 家族, 対人関係 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com
完全予約制
店舗外観