電話での問い合わせ
ネット予約

qatop

あらゆる癖、依存症 について

Q:やめられない癖はあるが、やめたくないし、やめる気がない場合はどうしたらいいですか?

A:当然、やめたくない場合はやめなくていいと思います。わかっているけどやめられない行動とは、そこに、やめたいという思いがあるのです。やめようと思ってもやめられないから、葛藤や苦しみが生じます。やめようという思い、葛藤、苦しみがあって初めて治療対象になります。やめたい、でもやりたいという二面性があるのです。

Q:タバコの治療とか、間食がやめられないとか、そんなことでも治療してもらえますか?

A:軽い癖、依存などでも治療の対象にしています。放置しておくと、どんどん強化されやめることが困難になります。また、癖が増えていくことも考えられます。早めに治療をしたほうが良いでしょう。ニコチン依存症だけだったら、おそらく3回程度の治療で回復すると思います。

Q:癖づいたり、依存症になるのはなぜですか?

A:依存物質などを長期間摂取し続けるとどんな生物であっても依存形成します。例えば、覚せい剤のカケラをネズミにあたえると、食事も睡眠もとらずに死ぬまで覚せい剤を求め続けます。依存の強弱はあっても、アルコール、タバコも同様です。
そして、これらの物質を摂取すると脳内でドーパミンという脳内物質が出ます。そのことにより行動は強化されていくのです。このメカニズムはパチンコなどのギャンブル、その他の癖も同様です。

Q:意志の力だけでやめられる人がいるのはなぜですか?

A:例えば、覚せい剤が体に悪いことは最初から分かっていることです。そもそも犯罪ですし。そこには、覚せい剤をやってまで楽になりたいという、苦しみ、生きづらさがあるのです。多くの、癖や依存症は痛みや苦しみといった、生きづらさからの回避行動なのです。多くの癖や依存症は癖そのものと生きづらさの2重構造の病気であると言えます。
アルコールで体を壊し、そのまま、お酒をやめていく人も多くいます。意志の力だけでやめられる人は全体の30%ぐらいいると言われています。やめられる人とやめられない人の違いは、根本に生きづらさがあるかどうかかもしれません。

Q:なぜ、生きづらい人とそうでない人がいるんですか?

A:多くの生きづらさは家族関係を基盤としたトラウマです。トラウマは治療しなければ良くなることはありません。詳しくは生きづらさのページをご覧ください。

Q:どういった治療をするんですか?

A:K’sセラピールームであつかっている治療は、条件反射制御法と簡易PE法という治療です。条件反射制御法とは下総精神医療センターの平井慎二医師によって2011年に開発された画期的な癖や依存症の治療です。簡易PE法はK’sセラピールームうオリジナルのトラウマ治療です。くわしくは治療のページをご覧ください。

Q:条件反射とはなんですか?

A:パブロフの条件反射、あるいは「パブロフの犬」という言葉を聞いた事があると思います。「パブロフの犬」の実験は犬に餌を与える前に、繰り返しベルを鳴らす。すると、その犬はベルの音を聞いただけで唾液が出るようになる。これをパブロフは条件反射と名づけました。

Q:条件反射と癖や依存症はどう関係があるんですか?

A:焼肉の匂いを嗅いだらビールが飲みたくなりませんか。ストレスがたまったらタバコが吸いたくなりませんか。つまり、様々な癖や、すべての依存症は条件反射化された行動であると言えます。梅干しを想像しただけで、唾液が出るのと同じです。
例えば、「今から梅干を見せますが、唾液を出すのを我慢して下さい」と言われても我慢は無理だと思います。癖や依存症は条件反射です。条件反射は我慢したり、理性で抑えれるものではないのでやめていくのは非常に困難です。

Q:条件反射制御法は他の病院や心療内科で受けることは可能ですか?また、保険適用は可能ですか?

A:条件反射制御法はまだ新規的な治療なので受けられる保険は効きません。ただし、病院で治療すれば保険適用内で治療可能です。しかし、現在、条件反射制御法を受けることができる病院は、精神科の限られた病院でしかおこなわれていないのが現状です。くわしくは下総精神医療センターのHPをみて下さい。

Q:イメージとして何度通えば回復しますか?回復までに長期間かかるようなら経済的に難しいのですが・・。

A:1つの行動や疾患に対して大体5回程度来ていただけたら回復すると思ってください。期間はだいたい5ヶ月の期間で回復すると思います。アルコール依存症があり、うつ病も合併していて、精神科で薬ももらっているなど病気が複合的になると、治療も時間がかかってしまうのでご理解下さい。

Q:必ず回復しますか?

A::K’sセラピールームは、治療を受ければ必ず回復すると確信しています。しかし、条件があります。どれほど優れた治療であろうと、やらなかったら治らないということです。回復のすべをK’sセラピールームは知っています。しかし、それだけでは回復しません。そこにはあなた自身の少しばかりの努力が必要となってきます。

Q:友人や家族が病気で困ってるんですが?連れていったら治せますか?

A:当の本人がやめたいと思っていないと治療は難しいと思います。K’sセラピールームでは家族相談もおこなっています。まずは、友人や家族だけでも来ていただければと思います。くわしくは家族相談のページをご覧ください。

電話での問い合わせ
ネット予約
ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com
完全予約制
店舗外観