電話での問い合わせ
ネット予約

qatop

生きづらさ、うつ病など について

Q:生きづらさとはなんですか?

A:生きづらさとは、一言で言うと人付き合いが苦手ということです。生きづらさの原因の多くは、家族関係を元としたトラウマです。
例えば、寂しさを抱えている人は、幼少期にきちんと愛されてこなかったことが原因です。対人緊張がある人は、幼少期に家庭内が緊張状態にあったことが原因です。生きづらさがあると、人と上手く付き合えなかったり、ストレスを感じやすくなったりします。

Q:今は家族関係は良好なのですが?それに、家族には愛されてきたので、ピンときません。

A:今はあまり関係ありません。トラウマは過去の出来事です。過去どうであったかが重要です。例えば、幼少の頃、両親が共働きで寂しかったという記憶がある。これだけのことで生涯、苦しみながら生きていく人もいるのです。幼少期の寂しさは生命にとって生存の危機であり、立派なトラウマなのです。また、家族に起因したトラウマがあるからといって、家族を責めるわけではありません。それは、家族も同じように苦しんで生きてきた被害者であることが多いからです。生きづらさとは家族間連鎖であることが多いです。母から子へ、そして孫に、問題は連綿と続いていきます。

Q:大事なのは今で、過去を振り返っても意味がないのではないですか?過去があったから今があるのだから。

A:それは、その通りだと思います。苦しみも悲しみも悔しさも怒りも人を成長させてくれるエネルギーになります。しかし、反面、過去の呪縛にとらわれて、一生、人を、自分を傷つけて生きていくとしたらどうですか。苦しみの果てに、精神病になってしまうのならどうですか。苦しみに耐えられず、自殺してしまうこともあるとしたらどうですか。それは、治療しなければならないのではないかと思います。過去のトラウマを浄化し、幸せな未来を生きていきましょう。

Q:生きていくのが辛いのは普通のことではないのですか?

A:生きていくのが辛いのは普通のことではありません。おそらく、あなたの家族、友人は生きていることが苦しい人が多いのだと思います。しかし、生きていることが幸せだという人が多くいることも、また事実です。

Q:生きづらいまま生きていくとどうなりますか?

A:生きづらさを抱えて生きていくと、いじめ、浮気、DV、虐待など、人間関係のトラブルを引き寄せるようになります。怒り、さみしさを抱え、孤独となっていくでしょう。そして、それらも、全てトラウマ化していきます。自己防衛のために、かたくなで、人付き合いしにくい人になっていく人も多いです。無理に適応しようとすれば、余計にストレスをため込むようになり、最終的にはうつ病などの精神病になってしまうでしょう。最悪の結果、自殺することもありえます。雪崩を起こすように問題は大きくなっていくのです。

Q:うつ病でもなく、精神科にかかっていなくても治療対象になりますか?

A:生きづらさや自律神経症状なども治療対象としています。苦しいのに無理をして、精神病にでもなれば、その分、回復に時間がかかります。苦しみを我慢せず、今のうちに治療をしておいたほうがよいでしょう。また、苦しみが大きくなれば、治療に対する恐怖感も大きくなるものです。

Q:トラウマってなんですか?

A:一般的に、例えば震災のような、とてもショックな出来事があって、その出来事が忘れられない。断続的にフラッシュバックといった過去を思い出す症状がおこることを一般的にトラウマ(心的外傷)と呼びますが、K’sセラピールームではもっと軽い、過去の苦しい、悲しい、怒りの記憶が消えないということまで含めてトラウマと呼んでいます。

Q:トラウマの治療って何をするんですか?

A:トラウマの治療で、アメリカやイギリスの学会が唯一効果があると表明しているのが、暴露法という治療法になります。PE法(持続暴露法)やEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)という2つの治療が有名なのですが、日本では、ほとんどの病院で受けることができないのが現状です。そして、PE法やEMDRの治療のターゲットはPTSD(心的外傷後ストレス障害)のような、大きなトラウマだけです。すべてのトラウマを治療する治療法を簡易PE法と言います。簡易PE法はK’sセラピールームオリジナルのトラウマ治療です。

Q:トラウマ治療って想像するだけで怖いんですけど?つらい治療ではないですか?

A:治療の中でトラウマの想起をおこなうので苦しみはあります。しかし、所詮は過去の記憶です。今までその苦しみに耐えて生きぬいてきたのですから、必ず耐えられます。また、簡易PE法は苦しみに耐えられるように作ってある治療です。

Q:イメージとして何度通えば回復しますか?回復までに時間がかかるようなら経済的に難しいのですが・・。

A:1つの行動や疾患に対して大体5回程度来ていただけたら回復すると思ってください。期間はだいたい5ヶ月の期間で回復すると思います。うつ病があり、リストカットしている。精神科で薬ももらっているなど病気が複合的になると、治療も時間がかかってしまうのでご理解下さい。

Q:必ず回復しますか?

A: K’sセラピールームは、治療を受ければ必ず回復すると確信しています。しかし、条件があります。どれほど優れた治療であろうと、やらなかったら治らないということです。回復のすべをK’sセラピールームは知っています。しかし、それだけでは回復しません。そこにはあなた自身の少しばかりの努力が必要となってきます。

Q:友人や家族が病気で困ってるんですが?連れていったら治せますか?

A:当の本人が治したいと思っていないと治療は難しいと思います。K’sセラピールームでは家族相談もおこなっております。まずは、友人や家族だけでも来ていただければと思います。くわしくは家族相談のページをご覧ください。

電話での問い合わせ
ネット予約
ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com
完全予約制
店舗外観