電話での問い合わせ
ネット予約

なぜ人は依存するのか?ギャンブルは問題の出口でしかない。

      2020/07/10

 

ギャンブル依存症は動物にもおこせるという話しを書きました。
だから、ギャンブル依存症は根拠ある病気であるという話でしたね。

では、リストカットはどうか?

手首を切ることがやめられない人たちがいます。
リスカットを動物に起こすことができますか?

リストカットをするネズミ。リストカットをするサル。
僕は見たことがありません。

動物が、ストレスによって毛をむしるようになるというのはいますが(汗)。
動物ではありえない、変な癖が人のみについてしまうのは、人には心があるからです。

リストカットをして、ホッとする。生きている実感が得られる。安心する。気持ちいいという人までいます。

理解不能ですね(汗)。

依存症を昔から「生きづらさの病」と呼びます。
動物にも依存行動を起こせるものが依存症のはずなのに、おかしいですね。

たまたま、実験に使った動物が、生きづらさを抱えた動物だったのでしょうか?
生きづらさなのか?依存行動なのか?大きな矛盾を感じますね。

僕は、依存症とは生きづらさと依存症の2重構造の病気であると思っています。

生きづらさとは、不安、恐怖、怒り、孤独、それにともなうストレス。
そういった感情を抱きやすい人といえば良いですかね。もしくは、常に持っている人です。

そういった人たちがいて、たまたま、パチンコに、あるいは、その他のギャンブルに、ハマった人たちがギャンブル依存症になっていくのだと思います。

行動はなんでも良いです。行動をしてホッとする。安心する。という事を繰り返すと、何でも癖になっていくのです。
パチンコ屋の、騒音。タバコのむせるような匂い。
あの中に入るとホッとする。

多くの人には、理解不能でしょう?
でも、パチンコやギャンブルが好きで。尚且つ、依存症レベルになっている人は、この感覚が理解できるのではないですか?
そういった感覚を求めてパチンコ、ギャンブルをしているのですから、そりゃあ勝てません。

勝ち負けさえ、どうでもよくなってきているのではないでしょうか?
という風になっていきます。

ギャンブル依存症という病気。これを治すのに、ギャンブルがやめられないことのみに意識を向けても、多くのギャンブル依存症者は治らないでしょう。

ギャンブル欲求をとる治療と、生きづらさを治す治療。

その両方をしなければ、回復しないのです。

だから、ギャンブル依存症というのは、治すことが難しい病気なんですよ。

 - 依存症

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました