電話での問い合わせ
ネット予約

反抗期がない子供。「キライ」が言えない大人。

      2020/07/04

人はどう考えて、何を思い、いかに生きていくものなのか?という投稿の中で

自発的ではない我慢はよくないと言いました。

我慢なんて、普通に自発的にするものじゃないの?とお思いでしょうが。幼少期から、我慢の強要を受けている人が、この国には実に多いのです。

それは、親も子も無自覚ですから、タチが悪いです。
耐えることは美しいこと、我慢は素晴らしいこと、人様に迷惑をかけないことが国民病レベルなのかもしれません(汗)。

でないと、人がこんなに自殺しないのではないかと僕は思います。

我慢の強要が、虐待レベルであれば分かりやすいのですが、親に「よく我慢したね」とか「いい子ね」と、たったこれだけのことを言われただけで、いい子に振舞おうとしたり、我慢をしてしまうようになる人が多くいるのです。

たったそれだけでと思うかもしれませんが、出発点はすべて寂しさです。
「寂しさ」に「良い子」という我慢がプラスされるようになるのです。

そうなってしまうと、どういう大人になるかです。
僕はそういう人たちに、カウンセリング中、

「ここには、親はいないので、いない親に向かって大嫌いって言えますか?」って言ってもらうことがあります。

別に強要するわけではないですよ。問題に気づいてもらうためです。

そういった方たちの多くは、「言えません」と言います。
言えないことは、問題なんですよ(汗)。

30代、40代の大人が、目の前に両親がいないと分かっているところで、「お父さん、お母さん、大嫌い」と言う。
たった、これだけのことが言えないのです。ただの言葉ですよ?

こういった、いい子のことをAC(アダルトチルドレン)と呼ぶのでしょう。

もちろん、この場合のいい子は親にとって都合の「いい子」なんですが。
この程度のことが言えない人間になってしまったことは、もはや親のためでもないですよ。

だって、親は子の健康を望んでいるはずですからね。
親は逆に、あなたの、そんな姿を見て悲しむのではないでしょうか?
また「そんなこと気にしてるの?そんなことも言えないの?」ぐらいが、多くの親の気持ちですよ。

さて、ウチにも小さい子供がいます。2歳ぐらいになると、イヤイヤ期といって第一次反抗期が始まります。
僕は、娘が2歳頃から「パパ、キライ。あっち行って」と言われています。
「パパ、キライ」なんて2歳の子供でも言えるんですよ。

これは、素敵なことなんです。
「パパ、キライ」が言える娘は素晴らしいと僕は思っています。

だからといって「キライって言える。凄いね!」と褒めているわけじゃないですよ(汗)。
そんな褒め方していたら、それでまた、子供は歪んでしまうでしょう。

 

ちなみに、何の為に子供は反抗するのでしょう?

そもそも、反抗期があるのが普通なことです。自然なことですよ。
反抗期は、子供が成長するために必要な、発達過程です。
子供に反抗期が2回あるのは、親離れするためです。
親から自立するために反抗期があるのです。

「とっとと自立しろ!」と思いますか?
それとも、「寂しいから、自立して欲しくない」と思いますか?

そういった、親元で育つから、子供が発達を阻害され、自立できなくなってしまうんですよ。
普通に愛情を持って接していたら、普通にそうなっていくようになってるんですけどね(汗)。

反抗期がない「よい子」は要注意です。
「キライ」が言えない大人は、もうすでに苦しいはずです。

 - 生きづらさ

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました