電話での問い合わせ
ネット予約

ある一言で人が死にました

      2020/07/12

 

僕は、長年、岡山の精神科病院で看護師として勤めてきました。
そこの、病院は主に急性期の患者さんをみる病院だったので、日々、いろいろ大変なことが多かったのです。

この仕事を辞めようと思ったことは何度かありますが、今回のエピソードがあった時も、やめようかどうか真剣に悩みましたね。

その患者さん、仮にAさんとしましょうか。
その方は、サービス業をしていたこともあり、入院中、ずっと、病院のスタッフの動きや、スタッフの他の患者さんへの対応に不満や怒りを抱いていました。

自分の休息のために入院しているのだから、そんなの、ほっといて休息したらいいのですが、それが、できなくて苦しんでいたのでしょう。

その日は、準夜勤で夕方から夜中までの勤務でした。
看護師の数は2名だったので、夕方の時間は食事に配薬にと大変な時間です。

その時、ちょうど他の患者さん(Bさん)が、フラフラと床に倒れたのです。
Bさんは、解離性障害という病気で、時々、意識がなくなるように倒れこむことが多い方でした。

とりわけ、外傷もなく、緊急性もなかったので「後で行きます」と伝え。
とりあえず、食事を待っている患者さんもいるので、食事の配膳を優先しました。

すると、Aさんが怒りだしました。
「ここのスタッフはおかしいんか!倒れとる人がおるのに無視すんのか!」
そう、怒りをあらわにしながら、倒れたBさんを看病するAさんがそこにいました。

それを見た僕は、残りの配膳を全て、もう1人の看護師に任せBさんの元に行きました。

その時に「Aさんは食事を食べてください」。そう、伝えました。
普段からスタッフを監視し、自分のことだけにとどまらずサービスの不満を言う。
そういったAさんに対する腹立たしさというものも僕の中にあったかもしれません。そのため、トゲのある言い方だったのかもしれません。
しかし、起こった出来事、伝えたことはそれだけです。

僕は、Bさんを自室に連れて行き寝かせました。
Bさんはいつもそういった感じなので、見立て通り、特に問題はありませんでした。

しかし、夕食の時間が終わって、Aさんに呼び出されました。
Aさんは、「あなたは、私の病気を知っていますか?私はうつ病です。ここに入院して、数日が経ちました。それによって、だいぶ良くなりました。
しかし、あなたの先ほどの一言のせいで、今回の入院生活が全て意味がなくなりました。深く傷つけられました。
あなたは、うつ病は治りかけが一番恐ろしいことを知らないんですか?
これで、私が自殺したらあなたのせいですからね!」

と言われました。
それから真夜中まで、Aさんに何度も病室へ呼び出され。その都度、話し合いをし、傷つけるつもりはなかったことを繰り返し伝えました。
その呼び出しは、仕事が終わった後も続き。夜中の2時まで続きました。

あくる日は、主治医に呼び出され、「一度、謝れば納得すると思うので、一緒に謝りますから、謝ってもらえますか?」
と言われ。主治医とともに謝罪しました。

直属の上司である病棟師長には「そんなの、そこまでせんでもええのに」とも言われましたが(汗)。
Aさんは、休息にならないということで。その日の内に退院していきました。
そして、2日後、Aさんは自殺しました。

ひょっとしたら、Aさんの死と僕の発言に因果関係はなく、退院後もいろいろな出来事があって、それが原因で自殺に至ったのかもしれません。

でも、Aさんは死にました。
原因を知ろうと思っても、その答えは永遠に分かりません。
「これで死んだらあなたのせい」と言う恨みの言葉だけが、僕の頭の中を、何度も何度も響き渡りました。

続く。

 - K'sセラピールーム

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました