電話での問い合わせ
ネット予約

人はどう考えて、何を思い、いかに生きていくものなのか?

      2020/07/08

 

いつも認知(考え)なんかより、大事なのは本能をいかにコントロールし、治すかということを書いてきたと思います。

本能…、怒り、悲しみ、トラウマ、後悔、欲求…そんな感じのものです。

それを、コントロール(制御)するのが条件反射制御法です。行動療法も同じです。
認知(考え)では、みんな明るく楽しく生きたいと願っている。もう、分かっているんだっていう話でしたね。
でも、しかし、認知(考え)さえも分からないという人もいます。

「どう生きていったら分からない」という人たちです。

そんなの、好きに生きていったらいいじゃないと言いたいところですが(汗)、今回は、少し、人はどう考えて、何を思い、いかに生きていくものなのかということを書いていきましょうか。

僕は、一昔前まで、子育てのセミナーを結構していました。
そのテーマが「失敗しない子育ての話」です。

面白そうでしょ?
面白い話だったんですけどね。みんな、だいたい、泣いてくれるし。
でも、全然、人こないのよね(汗)。

その子育てセミナーの中で話してきたことを、今回は、少し、みなさんにお伝えしたいと思います。
僕は、ずっと壊れた家庭で育ってきました。
そして、臨床で、壊れた家庭を見てきたものです。

その中で、学んできたことです。

まず、我慢はよくないということ。

日本人は、耐えることを美しいと言います。我慢はすばらしいことだと教えます。
これは、まったく間違っていると僕は思います。

僕は、我慢なんて、自発的にするもので強要されるようなものではないと思っています。
そんな、我慢の強要が子育ての中で、ある場合があります。

我慢は魂を腐らせます。

僕のところに来る人たちは我慢が限界に達した人達ばかりです。
我慢してきた結果、精神が臨海地点に達する。
僕のところに来たりと、外部に助けを求めれる人はよいですが、我慢の結果、精神病になったり、自殺したらどうしますか?
結局、多くの人に迷惑をかけること、苦しみを与えることになります。

それでも、精神病、自殺は、まだ、マシかもしれません(汗)
我慢をしてきた結果、周囲の人間を憎むようになる人がいます。
本来、愛すべき親、夫、子供、友人を憎むようになるのです。

その結果どうなるか?
みなさんも、毎日のようにテレビのニュースで目にしているのではないですか?

殺し合いです。

親子で夫婦で殺し合うのです。人間は怖いですね(汗)。
家族で憎み合う、こうなってしまっては、最悪ですね。

これで、その人たちの言うことは、「こっちは、あなたのために必死で我慢して生きてきた」と言います。

さて、誰のための我慢でしょうか?
これでも、我慢はすばらしいことですか?耐えることは美しいことですか?

我慢は自発的でなければなりません。
他人の為に我慢をすることは、やめたほうがいいと言っておきましょう。

自分でも気づかない内に、「人を恨む」という醜い姿になっているかもしれませんから・・・。

まだまだ、人は、いかに考え、生きていくのかの話はつきませんが、自数的に、また次回です。

 - 回復について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました