電話での問い合わせ
ネット予約

自立とは

      2020/07/08

辞書的に言えば、自立とは別のものの支えなく、直立していることとなります。
それじゃあ、つまらないので、自立について、少し考えてみましょうか。

例えば、よく言われるのが、障害者が1人の介護者に頼りきり、他の人の手をかりるのが嫌だとなってしまったら、依存です。
でも、10人ぐらい介護する人がいたら依存ではないと言われたりします。依存だけどね(汗)。

僕の師匠がよく言っていたのは「プチ依存を増やせ」です。
1個の依存に頼りすぎるから、破綻した時に、代替がきかず苦しむという考えですね。

この考え自体は素晴らしいと思います。
概ね正しいとは思います。まあ、でも、依存は依存ですね(汗)。

僕は、自立には社会的な自立と、精神的な自立があると思っています。
社会的な自立とは、仕事があって経済的に自立していることですかね?
なんか、モヤっとするというか、自立と違うなぁという感じがしませんか?

例えば、起業家で、お金は沢山持っているという人がいるとします。
社会的には自立した存在ですね。
でも、裏では、異常な性癖があったり、浮気をしたり、アルコールに依存していたり、そこまでではなくても、何か満たされない感覚がある。

僕は、それを、自立した存在とは思えないんですよね~。エラソー言ってすみません(汗)。

僕は、社会的にたくさんのものに支えられ、依存して生きていると自覚しています。
まず、妻には、いろいろ助けられ(汗)、コンビニもないと困る、コーヒーも好きだし、電力会社がないと困るし、水道がないと困るし。キリないですね。

じゃあ、完全なる社会的自立とは、自給自足?って感じですかね。
自分で野菜を育てて、獲物を獲って…。僕には、できません(汗)。
それでも、自給自足をしている人も、日本という場所に住むのであれば、日本社会に依存しているのです。

まとめです。
社会に依存することは悪いことじゃありません。
むしろ、太古より、人間は社会に依存してきた存在とも言えます。
依存という言葉に違和感があるのなら、共生という言葉ならどうですか。

人間は集団で共生する生き物であるということです。

人と、共生できることが社会的自立と言えるのではないでしょうか。

どうですか、人と共生、できていますか?

あっ、精神的自立について書くスペースがない(汗)。それは、また次回です。

 - 回復について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました