電話での問い合わせ
ネット予約

僕のやっているトラウマ治療は条件反射制御法をつかったものです。

      2020/07/07

K’sセラピールーム、片山です。

岡山で民間のメンタルヘルス治療院をしています。

以前、トラウマ治療の根拠という投稿をしました。トラウマには、暴露療法しか効果がなく、一般にはEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)、PE法(持続暴露法)という2つの治療が有名です。

脱感作法とは、脱力の脱は置いといて、感作法とは、やはりトラウマの暴露があるんですね。

持続暴露法なんて、読んで字のごとくです(笑)。

そして、僕は、トラウマ治療はやっているものの、EMDRもPE法も、どちらも使っていません(やってないんかーい!)。

条件反射制御法という治療を使って、トラウマ治療をしています。

条件反射制御法を使ったトラウマ治療でも、やることはやはりトラウマの暴露であり、想起です。

条件反射制御法を使ったトラウマ治療の特徴をいう前に、まず、トラウマ治療という言葉、暴露、辛い過去の想起、というワードを聞いて、どう思いますか?

「嫌だなぁ~。やりたくないな~」

「辛そうだなぁ~」

と思いますよね?

嫌だなと思う人、そういった方は、トラウマがある人です。まあ、このブログを読んでいる人なのだから、そりゃあ、苦しい人なんだと思いますが(笑)。

辛そうと思う人、当たりです。トラウマの想起をするのだから辛いにきまっています。

まったく、苦痛なく治るというわけではないので、トラウマ治療をしているよ、その治療は少しは苦しいよ、と最初から言っておきます。

問題は、どれだけ苦痛なく暴露させるかです。

例えば、パニック障害の人に、いきなりトラウマ治療をやって、パニック発作を誘発してしまうのは下手くそであると言えます。

そこの、トラウマ治療に移行するまでの、導入が、条件反射制御法は非常にスムーズなんですね。治療の特徴、骨子とも言える部分です。

それは、条件反射制御法では負の刺激(キーワードアクション)と言われるものです。

分かりやすく言うと、ルーティーンを作ります。イチロー選手や五郎丸選手がやっているアレですよ(笑)。

これを第一ステージとしてやっていきます。どうです?ルーティーン作るのに苦しみますか?

それどころか、ルーティーンはやっていけばいくほど、気持ちは楽になっていきます。

それができて、初めてトラウマ治療。トラウマの暴露、想起に移っていきます。

また、ここでも、他のトラウマ治療とは違う部分があります。

たぶんここで、僕がトラウマに対する暴露治療をすると書くと、条件反射制御法をしている先生から「条件反射制御法は暴露療法と違う」と突っ込まれると思います。

その通りです。散々、トラウマ治療は暴露療法だと書いておきながら、実は条件反射理論、条件反射制御法的には、暴露療法とは似て非なるものなんですね(汗)。

でも、まあ、暴露は暴露なので、僕は暴露療法でいいと思うんですけどね。すみません(汗)。

とにかく、条件反射制御法を使ったトラウマ治療では、トラウマが比較的楽に、なおかつ早く治っていくと思っていただけたらと思います

長々、書きましたが、少しはイメージができましたでしょうか?

全部、書いちゃうと終わっちゃうのでね(汗)。

少しずつ書かせてください(笑)。eye2

 

 - ストレス

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました