電話での問い合わせ
ネット予約

トラウマは心の傷、十人いれば十通り。あなたのトラウマは何ですか?

      2020/07/12

 

分かっているようで、分かっていない?
トラウマってなんだろうか?

ちょっと今回から、トラウマの話にお付き合い下さい。
また、こうやって、理論や治療法の話になっていくんですよね~(汗)。

トラウマを日本語にすると、心的外傷です。
いつまでも、消えない、心の傷といったらわかりやすいですかね。

医療の中では、トラウマとはPTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症して、初めて「トラウマがある」といわれるようになります
PTSDの原因としては、戦争、災害、レイプ、虐待とか、明らかにトラウマティックな事件を経験していることです。

そして、症状は、トラウマに対する回避行動。それと聞いたことがある人もいると思いますがフラッシュバックという、突発的に過去を思い出す症状があります。そして、フラッシュバックとともにパニック症状を引き起こします。

しかし、僕の考えは違います。
心的外傷ですから、何が心の傷かは人それぞれであると考えています。

例えば、同じ震災にあっても、PTSDになる人、ならない人がいます。
また、例え、PTSDになったとしても、震災1ヶ月後に発症したとして、3ヶ月~6ヶ月で落ち着く人もいれば、何年も、何十年も長引く人がいるのです。

例えば、人によっては、ヘビを見ただけで、パニック症状をきたす人もいるわけです。
「え~そんなことで~」と思う人もいるかもしれません。
しかし、そんなことと決して侮ってはいけません。その人にとったら、震災よりも、よっぽどヘビが怖いのだからです。

ヘビがトラウマということは、実際にあるのです。

繰り返すと、トラウマは、何に対してなるか、ならないか。その重症度も、人それぞれであるということです。
全てのメンタルヘルスの原因は、トラウマであると言っても過言ではないかもしれません。

それについては、また次回です。

 - ストレス

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました