電話での問い合わせ
ネット予約

生命は条件反射から逃れることはできない

      2020/07/05

 

パブロフは摂食行動(食べること)による条件反射があることを明らかにしたのですが。長らく、条件反射は大型の哺乳類しかできないとされてきました。
しかし、近年の研究では、汚い話で申し訳ないのですが(汗)、ゴキブリにも条件反射はできるということが分かってきました。
条件反射制御法を作った、平井 愼二医師によると、アメーバといった単細胞生物も条件反射ができるらしい。僕は研究論文を探したが見つかりませんでしたが(汗)。

まあ、でも、脳のない単細胞生物がなぜ捕食できるのかと考えたら、答えは「条件反射があるから」としか表現のしようがありませんね。食べることでできる条件反射なんだから当然と言えば、当然か。

しかし、パブロフの実験は、後付けの条件反射であり、アメーバの捕食行動は初めからある条件反射ですね(汗)。う~ん、こんがらがってきましたか?

答えは、条件反射には種類があるんですね。

先天性の条件反射と後天性の条件反射です。

これを、パブロフはそれぞれ、無条件反射と第一信号系条件反射と名づけました。
これについては、後日、くわしく書きましょうか。

先天性の条件反射、無条件反射。
だから、生命は生まれながらに捕食できるんですね~。
すごい!生命!

じゃあ、何で後天的な条件反射ってあるの?そのシステムって必要なの?

実は、条件反射は進化を支えるシステムなんですね。

え、えらい話になってきましたね(驚)。

おいおい、進化までいっちゃって大丈夫かよ(汗)。変な宗教に勧誘されるんじゃなかろうか(汗)。

・・・クリックしなければ大丈夫です。
・・・冗談ですよ(笑)。

実は、それも、パブロフは実験において明らかにしているのです(驚)。
パブロフよ、どれだけ天才なんだ!

次回へ続く。

 - 理論

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました