電話での問い合わせ
ネット予約

パブロフへの疑念はノーベル賞をとってから言ってください

      2020/07/05

 

僕が病院勤務時代、「梅干しを想像しただけで、唾液が出る。これは、条件反射である」という話をしたら、医師の一人が、「何で梅干しを想像しただけで唾液が出るのか、そこから研究しなければならない」と言っていた。

僕は、呆れて、開いた口が塞がらなかった。
まったく愚かな話なのだが、おそらくそれが普通の感覚なのかもしれません。

パブロフという学者への軽視。

いにしえの、化石のような理論と思っているのかもしれませんが、いまも膨大におこなわれているであろう、基礎研究(動物を使った研究)は、パブロフの理論がなければ成り立っていないものと思ってください。

それほどまでに、パブロフが見つけたものは絶対であると思ってください。

まず、パブロフの犬の実験で使われた、犬は1頭であると思っているかもしれませんが、犬だけでも、少なくとも1000頭単位の動物実験がなされたとされています。

そして、そもそも、パブロフは生物学者で、動物の唾液腺量(唾液の量)を測定していて、条件反射という現象に気づいていくわけですけど。その実験が、犬の頬をくり抜いて、唾液腺をむき出しにして、動物が唾液を飲み込めないようにして、測定するという。

実に、非人道的というか、非犬道的というか(笑)。
今だったら、動物愛護団体が乗り込んできて、実験中止になるぐらいの実験をしています。

何が言いたいかというと、パブロフの条件反射は、徹底した、基礎研究(動物実験)によって、明らかにされたものであり、それは、絶対的な現象であると言えます。

僕は、基本的に権威主義は嫌いなのですが、あえて、権威を振りかざすと、パブロフという学者はノーベル生物学・医学賞をとっています。
最近、ちまたで、ノーベル、ノーベルと賑わってますね(笑)。
パブロフの理論は絶対です。そして、明らかにしてきたことは条件反射だけではありません。

パブロフへの疑念や反論は、せめてノーベル賞をとってから言ってください。
もし、僕の治療をして、まったく変わらない、良くならないなんてことがあったら、原因はただ一つ、ルールが守れていないということだけです。

 - 理論

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました