電話での問い合わせ
ネット予約

心理カウンセリングについて

      2020/10/05

心理カウンセラーという職種はありません。

心理カウンセリングを行う人を心理カウンセラーと言います。

一般的に、認定心理士や臨床心理士という資格を持った人がカウンセラーを名乗っていることが多いです。

それでは、心理カウンセリングを説明するために、「心理」と「カウンセリング」を分けて説明していきます。

心理学について

心理学と一口で言っても、その裾野は広いです。

心理学は,学問としては哲学から派生したものです。哲学が扱う問題は多岐にわたりますが,心理学はその中でも「人間とはどのようなものか?」について研究している学問です。・・・・科学的な手法を用いて取り組んでいる・・・

引用文献:ステップアップ心理学シリーズ 心理学入門 こころを科学する10のアプローチ (KS専門書)

150年ほどの歴史ですが、人間の心を知るために色々な研究がされています。

良く知られている研究として、吊り橋効果の検証した研究があります。

吊り橋効果とは「異性と一緒に吊り橋にいると、その異性に好意をもつ」というものです。

これは吊り橋だけではなく、お化け屋敷など恐怖心を持つ環境にあればどこでも応用がききます。

吊り橋

ただ、このような研究結果は再現性の低いものが多いのも現状です。
「こういう傾向がありますね、、」くらいの使い方であって実用性の部分では薄いと感じています。

 

心理カウンセリングは、心理学の中でも臨床心理学の分野に含まれます。

臨床心理学とは,心理的な問題を抱える人(クライエント)に対する心理学的援助を,理論的・実施的に研究する学問です。

引用文献:ステップアップ心理学シリーズ 心理学入門 こころを科学する10のアプローチ (KS専門書)

つまりは、クライエント個人がいて初めて始まる学問と言えます。

心理療法について

症状に合わせて使われる心理療法が変わってきます。

<心理療法とマッチングする症状・疾患の一例>
症状・疾患 心理療法
トラウマ EMDR
強迫性障害 暴露反応妨害法
不安障害 脱感作法

一つずつ簡単に心理療法の説明をしていきます。

EMDRでは,トラウマ関連記憶を想起させた後,左右方向の眼球運動を導きます。そのときに気付いたことをクライエントから聴取し,その気づきに焦点を当てて,また眼球運動をおこないます。記憶に伴う否定的な自己評価に代わり,肯定的な自己評価が強まるまで眼球運動と聴取を繰り返していきます。技法の実施には,訓練を受けた専門家による見立て・介入が重要となります。

引用:ステップアップ心理学シリーズ 心理学入門 こころを科学する10のアプローチ (KS専門書)

曝露反応妨害法(Exposure and response prevention, ERPEX/RP)とは、暴露療法と反応妨害の組み合わせであり、患者を怖れに直面化させ、逃避行動を取らせないものである[6]。アメリカ精神医学会(APA)は強迫性障害(OCD)の治療に対して、ERPの経験が豊富な支援者によるERPを推奨している[8]。反応妨害を組み合わせることは、特に強迫性障害の治療において用いられてきた[6]

引用:ウィキペディア

脱感作法は、古典的条件づけの理論に基づく心理療法で、問題となっている反応と刺激場面との結びつきを弱めていく方法です。
(参考:ステップアップ心理学シリーズ 心理学入門 こころを科学する10のアプローチ (KS専門書)

その他の心理療法としては、内観療法・森田療法・条件反射制御法(CRCT)などがあります。

ハートを手のひらに

 

カウンセリングとは

カウンセリングは苦しい話をするところです。

つまり、カウンセラーは来訪者の苦しい話を聞く人になります。

話を聞く技法として、

  • 来訪者中心面接法
  • 動機付け面接法(MI)

などがあります。

このような技法を使ってクライエントの話を聞いていきます。

これ等の技法では、傾聴・リフレイン(繰り返し)・要約・開かれた質問(オープンクエスチョン)などを話を聞く中で取り入れていきます。

ただ、この技法はクライエントがそれらの知識を持っている場合、「やってるな」とすぐに思い逆に心が閉じてしまうことがありますが、、、

カウンセリング

心理カウンセリング

心理カウンセリングは、カウンセラーの技量によりカウンセリング内容が異なります。

上記の心理療法や話を聞く技術を駆使し、クライエントの苦しみを浄化するためのカウンセリングもあれば、

ただ、話をするだけ、つまり、クライアントが話をするだけのカウンセリングもあります。

当サロンでは、条件反射制御法や独自開発した簡易PE法などの心理療法を用いながら、話を聞いていきます。

聞く技術として動機づけ面接法やクラフトという技法を学んでいるカウンセラーが対応させて頂いています。

現在多くのカウンセラーが存在しますが、どんなカウンセリングを行うのか確認し、自分にあったカウンセラーに出会えると良いと思います。

 

 - 理論

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました