電話での問い合わせ
ネット予約

治療者として大切なこと

      2020/07/05

 

メンタルヘルスの治療者に大切なことはなんだと思いますか?
人格ですか?あそこの心療内科の先生は優しくて良い先生だったとか、よく聞きますからね。
でも、いくら良い人でも、病気を治してくれないと困りますよね?

私見ですけど、治療者として大切なことは2つあると思います。

それは、治療と、かかわりであると。

治療については少しだけこのブログに綴ってきたので、少しはわかっていただけたところもあるかなと思いますが。

人との、かかわりについては書いていないと思います。

僕はずっと依存症の病棟で看護師として働いてきました。
そもそも看護とはなんだと思いますか?
看護の役割は診療の補助だとか、看護とは入院・治療環境の整備だとか、身体的ケアだとか、健康を維持・増進させるための助言・指導であるとか言われますが、その前に必ずかかわりがあります。

僕は看護とはかかわりのプロだと思ってます。

そもそも、精神科の看護は、依存症病棟の看護は、ほとんどかかわりでしかない。
特に「依存症看護は究極のかかわりである。依存症看護が出来たら、他のどの科に行っても勤まる」と、そう言われます。

僕が言ってるわけじゃないですよ。
依存症看護の教科書にはそのように書いてます。
僕がどの科にいっても勤まるとは思いませんが。

依存症看護、依存症者とのかかわるのが難しいのは確かです。
僕も、長年、依存症病棟で働いて来て、胸ぐらを掴まれて「殺すぞ」と言われたこともあるし、「今、退院して、死んだら、あんたのせいだからな」と言われて、退院して実際に自殺したりと。

安っぽい言い方ですが、命をかけて真剣に、誠実にやってきても、そんなことがあるんです。
因果な商売ですね。
自分でも、よくこんな仕事をしていると思います。
しかし、この仕事が好きなので仕方ないですね。

まあ、アルコール依存症や覚せい剤依存症、依存症病棟には境界型人格障害といった診断がついた人も多いですし、同僚の医師や看護師も忌み嫌う分野です。
こういった人達と日々かかわっていくわけですから、究極のかかわりといっても過言ではないでしょう。

具体的なテクニックとしても、MI(動機付け面接法)とかCRFTとか、そういうかかわりのテクニックが多く、そのテクニックは依存症の分野から、他の分野に広がりをみせているところです。

治療者として大切なことは、治療とかかわりです。
それは知識であり、技術です。
僕はそれらを習得してきたと思っています。また、これからも学んでいくでしょう。

 - 治療について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました