電話での問い合わせ
ネット予約

ドクターショッピングをする人たち

      2020/07/06

 

睡眠導入剤、抗不安薬、をベンゾジアゼピン系の薬といいます。
最近は、非ベンゾの薬もありますが、非ベンゾの処方薬依存も見てきたので、なんとも言えません。

とにかく、ベンゾ依存も末期になると、使用量がどんどん増えてきます。
これを、薬物耐性と言います。

そして、それにともない、禁断症状も出てきますので、朝から睡眠薬を飲まなければ、身体が動かないという逆転現象が起こるようになります。怖いですね。

むかい酒という言葉があって、酒飲みが朝から酒を飲むのもこのためです。禁断症状のため身体が動かないのです。
使用量が増えるので、ひっきりなしにポリポリと噛み砕きながら食べる。
この、ポリポリ食べるというのも何人か見たことがあります。理由を聞いたら、早く効果を得るために噛み砕いてるとのことです。

こういう人たちは毎日大量に薬を消費するので、内科、クリニック、心療内科、精神科を日々グルグルと回って薬を手にしているのです。同じところで大量には流石に出してもらえませんからね。
内科もデパスなどの抗不安薬を出してくれるところもありますから、皆さん、よく知ってますよ。

例えば、エリミン、通称赤玉と呼ばれる睡眠導入剤があります。
当然、ベンゾです。これが、処方薬依存症者の中でものすごく人気が高いんです。
ベンゾなんてなんでも一緒だろうと思うのですが、エリミンでないとダメという人もいますからね。

エリミンは悪名高くて有名なので
普通の良心的な心療内科や精神科じゃあ出してくれません。

ですから、エリミン愛好家たちはSNSで、〇〇クリニックは岡山で唯一エリミンを出してくれるぞと情報共有するのです。

ちなみに、僕のブログを読んでエリミンが欲しくなってもダメですよ。
昨年、惜しまれながら、発売中止になりましたから。もちろん、知ってますよね(笑)。ほんと、そこらの精神科医より、よっぽど知っていますからね(汗)。

さて、今日の本題です。
ドクターショッピングについてでしたね。

ドクターショッピングとは

青い鳥を探すように、いろんな医療機関を渡り歩く人たちのことを指します
その背景には依存というメカニズムがあるということをみんな知りません。

「エリミンを出してくれる、良い病院がある。あそこの先生は、言われるままに薬を出してくれる良い医者だ」
みんな口々にそう言っています。

本当にそうだろうか。
本当は、苦しみをとってくれる、青い鳥を探しているのではないでしょうか。
処方薬依存からくる禁断症状、時々やけになってOD(オーバードーズ)(大量に薬を飲むこと)をする。
根本にある苦しみ。どれも、本当に苦しいですからね。

 - 治療について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました