電話での問い合わせ
ネット予約

依存性が高い処方薬について

      2020/07/05

 

専門家の中で一般的に依存性が高いとされる薬は通称ベンゾと言います。

聞きなれないかもしれませんが、ベンゾジアゼピン系と言われる薬剤です。
これは、抗不安薬、睡眠薬のほぼ全てです。
最近は、非ベンゾの睡眠薬(マイスリー、ベルソムラ)が出てますが。
非ベンゾの薬は依存形成しないと思われがちですが、臨床では非ベンゾの依存症者もいるんですよね。
これについては、また、いつか説明します。

抗不安薬はデパス、ワイパックス、レキソタンとかです。
睡眠薬はレンドルミン、ベンザリン、マイスリー、エリミンとかです。

「デパスは頭痛があるので内科に行ったら出ましたよ」
「マイスリーは副作用の少ない軽い薬じゃないんですか?」

そう思いがちですが、臨床で見てきた中では、デパスやマイスリーといった一般に軽いと思われがちな処方薬の依存者が多くいるということです。

どうですか?
抗不安薬や睡眠薬を処方された時に、医師、薬剤師からどのような説明を受けましたか?
「この薬を飲んで、眠気、ふらつきが出る場合があります」という説明はあったと思います。

では、「この薬を飲んだら依存症になる可能性があります」と言われたことはありますか?
おそらくないと思います。

さて、お薬の本には用法用量について、なんと書いてあるかですが、ちょっと病院を辞めたもので。

ウィキペディアからの引用で申し訳ないのですが
(ウィキペディアの関係者各位、申し訳ございません)。

薬品名:ロラゼパム(商品名:ワイパックス)についての記述を見てみましょう。[依存症は4週間治療を受けている人の3分の1に発生する。高用量・長期間の服用者はベンゾジアゼピン依存症の起こるリスクが高い](原文まま)

ベンゾの使用は短期間のみ、中長期的に使ったら依存症になる、ということです。

 

抗不安薬や睡眠薬を短期服用のみで服用をやめている人がどれほどいますか?
ほとんどの人が、長期間、習慣的に服用しているのではありませんか?

抗不安薬や睡眠薬+αの薬は長期間、習慣的に服用していたら処方薬依存症になります。
習慣的ではない服用方法で服用するか、短期服用(1週間~2週間)にしましょう。
病院や調剤薬局ではなかなか指導しませんが、用法用量を守って服用しましょう。

もうちょっと薬の話がつづく。

 - 治療について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました