電話での問い合わせ
ネット予約

自律神経症状とは

      2020/07/05

 

治療対象その4で書いた、自律神経なのですが、分からないという人もいると思うので補足です。

自律神経は体のバランスをとろうと頑張っている神経です。

それが何らかの原因で崩れると、いろいろな症状が出るようになります。

体が重い、背中が痛い。歯ぎしり。
歯ぎしりをし、奥歯に力が入るようになると、慢性的な肩こり、首がこる。
首のコリから偏頭痛。
奥歯に力を入れているので呼吸がしづらいなどの症状が出てきます。

緊張したら手に汗が出ることもあるでしょう?手荒れや肌荒れの原因にもなります。
ストレスが胃腸に来る人もいるでしょう?胃痛や下痢、便秘の原因にもなります。
女性だと生理不順の原因にもなります。
自律神経は体温調節にも関係しているので、暑くなったり、寒くなったり、冷え性にも関係しています。

ちなみに自律神経失調症は病気として認められてないので悪しからずです。

一番の大きな原因とされているのはストレスです。
なので、神経性の上記のような自律神経症状が出ると、病院の先生からはストレスをなくしましょうと指導を受けると思います。

仕事量を減らそうとか、人間関係を整えようとか、質の良い睡眠を取りましょうとか、アルコールは控えましょうとかです。
言われた通りそれができればいいんですけど。現実はなかなか難しいかと思います。

自律神経については、まだ言いたいことがあるので、また詳しくブログで書いていきたいです。

 - 治療について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました