電話での問い合わせ
ネット予約

回復の目標

      2020/07/05

 

今回の話は、僕が治療の最終ゴールをどこに設定しているかです。

もちろん、治療のゴールはクライエントのそれぞれが抱えている苦しみが消えることであるし、どう生きるかはクライエントそれぞれが考えれば良いことではあるというのが大前提ですが。

僕が治療の最終ゴールと考えているのは2つです。

1つ目はクライエントがこの社会で生き生きと楽しく生きていけるようになることです。

これは、僕は依存症治療をずっとしてきた人間です。
アルコールでも、薬物でも依存症の人が回復していく中で、
「私はアルコール依存症でした。今は、アルコール依存症は治りましたが、でも、ギャンブル依存症です」
もしくは、
「私は薬物依存症でした。今は、薬物依存症は治りましたが、ひきこもりです」ということが、普通にあるのです。

こういうのを依存がスライドしたと言ったりします。
これらの状態を、僕は、症状が消えてよかったねとか、回復と呼びたくないのです。

それは、パニック障害やうつ病の人も同様で、パニック、うつは治ったけど、今、ひきこもりですというのは違うと考えています。
なので、最後まで治療したあかつきには、「今、生きていて幸せです」という風に回復してくれることを目標にしています。

 

2つ目は家族が幸せになることです。

これは、僕の父親はアルコール依存症のようなものです。母親は共依存です。
僕は機能不全家族で育ったAC(アダルトチルドレン)です。

だからこそ、家族の幸せを強く望んでいる人間です。
しかし、両親はもう80歳です。もう、変わることはないのだろうなと思っています。

一番、変わって欲しかった、家族の災禍の元凶のようなものは、もう変わらないんだろうなと思っています。
そして、それは、宿命なのだろうなと思っています。戒めかもしれません。

クライエントは変わります。変わりたいと言って、K’sセラピールームの治療を受けているのだから。しかし、家族は変わらないかもしれません。
いや、そんな生易しい表現では言い表せない、家族問題はもっと恐ろしいものです。
ここでは、家族の問題は簡単ではないとだけ言っておきます。

僕は

クライエントがこの社会で生き生きと楽しく生きていけるようになること、
そして、クライエントの家族が幸せになること、

この2つを目標にして治療にあたっていることをお伝えしておきます。

 - 治療について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました