電話での問い合わせ
ネット予約

シャンビリ

      2020/07/06

 

シャンビリって聞いたことありますか?

おそらく、精神科で働いている人でさえも
ほとんどの人が聞いたことも、見たことないと思います。

SSRIやSNRIといった、とりわけ新型の抗うつ薬を抜くときにおこる、有名な離脱症状(禁断症状)です。
シャンビリとは頭がシャンシャンと耳鳴り、手足はビリビリと痺れるので、通称シャンビリです。
これは、大げさでもなんでもなく、死ぬほど苦しいですからね。

なぜ、精神科で働いている人でさえも、うつ病という超メジャーな病気の、これほど有名な症状を見たことがないと思いますか。
それは、基本的に薬を減薬する、断薬するという発想さえないからです。
こういうのを「クスリ漬け」って言うんですかね。

僕は、ベンゾだけでなく、抗うつ薬も断薬していきます。
もちろんメジャー(抗精神病薬)も全て抜きますけどね。
シャンビリなんて、滅多にお目にかからない症状ですが、そのことについて今回は書いていきましょうか。

僕が減薬、断薬に使うものをサティスフェイクと言います。
まあ、偽薬です。偽物の薬ですから、商標的には食品のあつかいになります。安心ですね。

それを手順を間違えずに使うと、まず、禁断症状は出ないのですが、あるクライエントの、SSRI50mgを5mgずつ、少しずつ抜いていくと、ドンっと体が動かなくなる。
シャンビリとまではいかないが、そういった症状がでる。
おかしいなぁ~と思っていました。それでも、症状がいつまでも続かないので、いいかぁ~と思って、1ヶ月ぐらいかけて、ドンドン抜いていって、10mgから5mg、もう大丈夫かな~と思っていたら。電話です。

「・・・・・・・・・・・助けて・・・・・・!!!呼吸が・・・!!身体が・・・!!」

あ~やっちゃった。
シャンビリです。呼吸が浅くなり、手足が痺れ、体は寒くなったり、暑くなったり、一歩も身体が動かないんです。
電話指示で、偽薬を飲まそうにも飲めない。
すぐに、家に乗り込んで、なんやかんやで30分で落ち着きました(フゥ~)。

落ち着いてから、偽薬を飲んでいたのかと話を聞くと
「症状が出たら必ず飲んでいたんだけど、朝から動けなくて、そうこうしてたら、急に来たから・・」

う~ん。指示守ろうよ。
抜いて症状が出たら偽薬を飲む、そりゃあ症状がでるに決まってるじゃないですか。
症状が出る前に飲まないと。

とにかく、僕に言ってくれてよかったです。
これで、救急車を呼ばれたんじゃあ、また、薬漬けです。断薬後の急死ということもありますからね。

これを読まれた方は、医師の指示以外での減薬、断薬は絶対にやめて下さいね。

あと、薬は怖いという話はしていますけど、薬を飲んでいるから、死なずに済んでるということもありますから、それは、各々で判断してくださいね。

それに、僕がやっている治療は断薬だけじゃあないですからね。うつ病ならうつ病の、パニックならパニックの根本の治療をしなければ治らないし、断薬もできません。

 

 - 治療について

ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました