電話での問い合わせ
ネット予約

摂食障害

摂食障害になる人の多くは容姿にコンプレックスを抱いてきた人です。

そのため、簡単なダイエット方法としてチューニング(チューイングガムを食べるように食べ物を噛んで吐き出す)から始まり、それでも、空腹感から致し方なく食事を食べ、それを強制的に嘔吐するという、過食嘔吐へと移行していきます。一時的に痩せてキレイになるので、周囲からの賞賛を受けます。それが、成功体験となり、同様の行動を繰り返していきます。そして、一時の成功体験が忘れることができず、もっともっととなっていき、生命の維持すら困難なほどにやせ細っていきます。
また、人によっては食べることでストレスが発散されるため、間食が増え、過食へ移行し、過食嘔吐をしているという人もいます。まったく食事が食べられなくなる拒食症や過食嘔吐と拒食を交互に繰り返しおこなう人もいます。どちらにしても、摂食障害はわかっていてもやめられない行動です。

痩せたい願望の強い摂食障害が他のアディクション(癖)と比べ困難なところは、一般的に痩せている女性が美しいという、社会通年があるからです。現在、摂食障害に対して有効な治療法はありません。

当Ksセラピールームは摂食障害に対して、条件反射制御法という専門治療を用いて治療をしていきます。条件反射制御法は、あまり我慢せず、無理せず、苦痛なく、比較的簡単に摂食行動や体重に対する執着を消し、摂食行動をコントロールできるようになる画期的治療法です。

また、摂食障害者が容姿コンプレックスを抱いてきたのは、寂しさがあったからではありませんか。寂しさを抱え、愛されたいと願った、愛される手段が摂食障害だったのです。また、ストレスのはけ口として過食行動を繰り返してきてきた人も同様に生きづらさがあるはずです。どちらにしても、摂食障害の治療をすると同時に生きづらさの治療をしていかなければ回復は困難です。

電話での問い合わせ
ネット予約
ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました