電話での問い合わせ
ネット予約

 

処方薬依存症

 

心療内科や病院で薬を処方されるとき「この薬には依存性があるので注意してください」と言われたことはないでしょう。
しかし、抗不安薬、睡眠薬、抗うつ薬などは依存性がある処方薬です。

例えば、デパスという処方薬は内科でも頭痛薬として処方されることがありますが、抗不安薬という依存性薬物です。
その他にも、ドラッグストアに普通に売っている、こんな薬がといったものが、実は依存性の薬物の場合があります。
咳止め薬には依存性薬物が微量であるが混入されていたりします。

不眠症や、うつ病があり、無自覚に、普通に薬を飲んできた人は、自分が処方薬依存症であるとの自覚もないと思います。
処方薬は短期間で使用するならば、その薬効に救われることはあります。
しかし、依存性の薬物を長期間服用すれば、薬物依存性により、その症状は固定、強化されていきます。
例えば、うつ状態が長期化し、治らないのは処方薬を飲んでいるからという矛盾した状態になっていきます。

ここまで読んで、処方薬が恐ろしくなったので、今日から薬を一切やめるなどということは絶対やめて下さい。
禁断症状によって苦しむこととなります。
とりわけ、抗うつ薬でも新型と言われる、SSRI・SNRIと言われる薬は、通称「シャンビリ」と言われる、パニック発作のような、強烈な禁断症状が出る場合があります。
減らそう、やめようと思っても、減らせない、やめられないから依存症なのですから。

一旦、処方薬依存症になると減薬さえも非常に困難です。
処方薬依存症の治療では、減薬にかける期間も、禁断症状に耐えながら、1年以上かけて少しづつ減らすのが一般です。
しかし、何とか断薬できたとしても、禁断症状は、その後何年にもわたって続きます。

Ksセラピールームでは処方薬依存症に対して条件反射制御法という専門治療を用いて治療をしていきます。
条件反射制御法は、禁断症状のリスクもほとんどなく、しかも速やかに断薬できる画期的治療法です。

Ksセラピールームは、薬物療法を否定するわけではありません。
処方薬があったから今まで生きてこれたという側面もあるからです。
処方薬を飲めば、考える力は落ち、体はダルく、重くなる。しかし、それにも増して、薬を飲まなければならないほど、苦しかったのではないでしょうか。

処方薬は、例えるなら、整形外科で痛み止めを出してもらうようなものではないでしょうか。
その時、痛みは消えるが、根本に効いていないということです。痛みが消える代わりに、無理をして患部がより悪化することもあるということです。

苦しみに対して、根本に対する治療もしなければ、処方薬をやめていくことは困難です。処方薬をやめていく、同時に原因である苦しみを治療していく必要があります。

電話での問い合わせ
ネット予約
ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました