電話での問い合わせ
ネット予約

1

生きづらさ、うつ病、パニック障害など

 

K’sセラピールームでは、生きづらさ、自律神経失調症、うつ病、パニック障害、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などを治療対象にしています。

生きづらさの主な原因の多くは、家族関係を原因としたトラウマです。
例えば、寂しさを抱えている人は、幼少期にきちんと愛されてこなかったことが原因です。
対人緊張がある人は、幼少期に家庭内が緊張状態にあったことが原因です。

生きづらさがあると、人と上手く付き合えなかったり、ストレスを感じやすくなったりします。

人はストレスを感じると、身体が悲鳴を上げるようになります。いわゆる、自律神経症状です。自律神経症状のわかりやすいものは、胃痛、頭痛、肩こり、倦怠感など様々です。

人付き合いのしにくさは、雪崩が大きくなるように、様々な人間関係の問題へと発展していきます。
学校や職場でのいじめ、不登校や引きこもり、いつまでも結婚できないなどです。
そして、自分はそんな人間だと諦め、孤立し、孤独になるのです。

社会適応しようと無理をすれば、いよいよ精神病となっていきます。うつ病やパニック障害などです。苦しみから逃げるように、何らかの依存症となるのもこの時期です。

トラウマは報酬(嫌悪刺激)によって固定、強化された考え、行動です。脳にトラウマの神経があると、上手く対処しようと思っても、できなかったり、明るく、楽しく生きていきたいと思っていても、そう、考えられなくなります。
一旦、トラウマが形成されると何十年経とうと、その苦しみは消えません。

トラウマが浄化されなかった原因は、トラウマを過ぎ去った過去だと言って、向き合ってこなかったからではないでしょうか。
そして、向き合ってこなかったから、いつまでも苦しみ続けているのです。

トラウマに向き合うことは勇気がいることです。
苦痛も伴います。
しかし、必ず打ち勝つことができます。

何故なら、苦しみを経験しながら生き抜いてきているからです。
トラウマは所詮は過去の記憶に過ぎないからです。向き合って、浄化しない限り、苦しみは生涯、消えないでしょう。

トラウマに対する治療を簡易PE法と言います。簡易PE法はKsセラピールームオリジナルのトラウマ治療です。トラウマ治療という言葉に恐れないで下さい。無理せずに、比較的苦痛が少なく、短期間で、回復へと導くことのできる画期的治療法です。

また、生きづらさを抱えた人たちは自分が苦しいことを自覚はしているが、踏み出す勇気が持てなかったりします。もし、治療を受けさせたいという家族がこのHPを見ていたら、まず、家族相談のページをご覧下さい。

電話での問い合わせ
ネット予約
ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました