電話での問い合わせ
ネット予約

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は一般にトラウマという名称で呼ばれるものです。
PTSDの原因は、一般的に、地震、洪水といった災害。事故。戦争、テロといった人災。虐待、傷害、強姦などの犯罪といった強いショック、いじめ、パワハラ、モラハラといった精神的苦痛に至るまで、生命の危機とも言うべき、あらゆる苦痛です。
PTSDはショックを受けるような出来事の数ヶ月後に発症することが通常です。

症状

PTSDとなると、精神的不安定さから不眠傾向、怒りの爆発や混乱、恐怖感や無力感。悪夢などの症状が出ます。
そして、トラウマになった原因、関連するものごとに対する回避行動をするようになります。
津波へのトラウマの場合、海を恐れるようになり、海に近づかないようになります。また、津波のニュースを見なくなるなどです。
いじめがあった場合は、人間不信、対人緊張などとなっていきます。

そして、過去のトラウマと関係のあることを見聞きするなど、何かのきっかけで、フラッシュバック(追体験)をおこすようになります。

フラッシュバックは精神的ショックを引き起こし、パニック発作様の症状が出る場合もあります。心が苦しみから逃れるため、感情麻痺をおこしたり、あまり考えることができなくなっていきます。

K’sセラピールームのPTSDの範囲

K’sセラピールームでは、上記にあるようなことより、もっと些細なこともトラウマとし治療の対象としています。

例えば、両親が共働きで幼少期、寂しかった。その後の人生で言いようのない寂しさがずっと続いているというもの。幼少期の寂しさは生命の危機であり、立派にトラウマです。
例えば、良かった記憶もトラウマになりえます。失恋の痛みから何年も立ち直れない。失恋のショックが怒りに変わりストーカーとなるということもあります。つまり、恋愛中の良かった記憶が原因となっています。これらも、トラウマと言ってよいでしょう。

治療

PTSDの治療で、アメリカやイギリスの学会が唯一効果があると表明しているのが、暴露法という治療法になります。
PE法(持続暴露法)やEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)という2つの治療が有名ですが、日本では、ほとんどの病院で受けることができないのが現状です。そして、PE法やEMDRの治療のターゲットは大きなトラウマだけです。

K’sセラピールームは大きなトラウマは生きづらさをおこし、生きづらさは新たなトラウマを生んでいくと考えています。
すべてのトラウマを治療しなければ、本当の回復はないと考えています。
すべてのトラウマを同時に治療する治療法を簡易PE法と言います。簡易PE法はK’sセラピールームオリジナルのトラウマ治療です。

KsセラピールームはPTSDに対して、条件反射制御法、簡易PE法という専門治療を用いて治療をしていきます。
条件反射制御法は、恐怖感や不快感といった気持ちを落ち着かせるために使います。
簡易PE法はK’sセラピールームオリジナルのトラウマ治療です。トラウマ治療といっても構えなくても良いです。無理せず、少しずつおこなうことで、比較的苦しまずにトラウマを浄化できるようにしてあります。

日本では、PTSDには効果がない薬物療法をおこないます。
使用する薬物は、抗不安薬や抗うつ薬を使用する場合が多いです。
それらの薬を使えば感覚が麻痺し、気持ちは楽になったと錯覚します。しかし、抗不安薬や抗うつ薬は薬物依存性があり、服薬が長期間となれば、減薬・断薬は困難となります。
処方薬に対する依存ができると、やめられなくなるだけでなく、PTSDの症状は固定されていきます。PTSDの苦痛から逃れるため、アルコールなどの依存性の強い物質を摂取すると、はさらに症状は固定・強化されていきます。

専門家の指導のない減薬・断薬は危険なのでやめて下さい。詳しくは処方薬依存症の項目を見て下さい。

電話での問い合わせ
ネット予約
ロゴ 〒700-0927
岡山県岡山市北区西古松241-101
Tel. 070-2353-8093
Mail. info@ks-therapyroom.com

※JR宇野線 大元駅より徒歩5分
※岡山駅から火の見線汗入線にて西古松のバス停下車 徒歩3分
※駐車場あります
完全予約制
店舗外観 カウンセリング紹介サイト「フィーチ」に掲載されました